河越歯科医院 セレック 府中市 白糸台 武蔵野台 歯医者 歯科 一般歯科 小児歯科 いびき治療 スリープスプリント レザー治療 床矯正

床矯正

床矯正とは・・・

床矯正

入れ歯に似た取り外しのできる装置を使い、歯並びや咬み合わせを治す矯正治療のことです。
床(しょう)というのは、 入れ歯の歯茎にあたるピンクのプラスチック部分のことをいいます。

床矯正治療の目的

床矯正

床矯正治療は、一般的な矯正(針がね矯正)の様に整然とした歯並びを目的としたものではありません。歯並びの不正は、遺伝的な要因・歯の大きさ・何らかの不調和により、生じていると考えられています。
河越歯科医院では、様々な診査を行い不正の原因を見つけ出し、口腔内を正常な状態に戻す手助けをし、 訓練をすることを通じて、特に願貌や歯並びを自然に近づけ、それを維持していく事を目標に治療を行なっています。

治療の進め方

床矯正器具

まず、さまざまな診査をもとに治療に使用する装置を選択します。
悪習癖を除去し、筋力などの問題を改善するための訓練を行います。主に使用する装置は、拡大床(右写真)と呼ばれるもので、 小さなネジを使って押すことでスペースを作ったり移動させたりします。それぞれの症例の難易度により、使用する装置の種類や数は異なってきます。
治療期間や料金は、使用する補助器具や訓練器具により左右されますので、患者さまのご要望をおきかせください。

床矯正のメリット・デメリット

メリット

歯を抜かない矯正

針がね矯正では、足りないスペースを永久歯を抜くことで作るため何本かの永久歯を抜かなければならず、それにより顎が狭くなってしまいます。
床矯正では、永久歯に生え変わる早い段階から治療を開始し歯を移動させることで骨を広げて足りないスペースを作るため、ほとんどのケースにおいて、永久歯を抜くことはありません。

痛みが少ない

針がね矯正は、歯に直接針がねを固定して歯を移動させます。
床矯正では、取り外し可能な装置を使用し、ゆっくり弱い力で行なっていきますので、痛みを感じることが少ないです。

取り外すことができます

痛い場合は、取り外すことができます。また、必ずしも一日中はめなければならないわけではありませんので、遊びに行くとき、学校に行くときなどはずして置くことが可能です。

虫歯や歯周病になりにくい

床矯正では、取り外して磨くことがでくるので、針がね矯正よりも、虫歯や歯周病にかかるのリスクが低くなります。

デメリット

強い意思が必要となります

針がね矯正は、本人の意思とは関係なく歯を強制的に動かしますので、確実な効果を得ることが可能です。
床矯正では、床矯正装置を正しい使用方法で使わなければ全く効果はなく、本人の強い意思並びに周囲の方のサポートが最も重要となります。

河越歯科医院スタッフからのメッセージ

床矯正治療では床矯正装置をきちんと使用し、舌や口腔周囲の筋肉などの不調和や食習慣を改善するための訓練などを併せて行うことが大切です。治療期間も一年から数年に及びますので、 ご本人や周囲の方の気持ちが最も重要となります。
治療を行い歯並びが改善されても、舌や口腔周囲の筋肉の不調和などが改善されなければ、後戻りしてしまいますので、根気よく取り組む姿勢が必要となります。患者さんが頑張れるようスタッフ一同全力でサポートさせていただきます。
床矯正・矯正治療の手引き

※床矯正治療について、もっと詳しい情報を知りたい方は床矯正研究会のHPhttp://www.esprit.or.jpをご覧ください。
また、河越歯科医院では『床矯正の手引き』(弘文堂 鈴木設矢著)の小冊子を受付に用意しています。まずは、ご相談ください。